高山病院グループについて

理事長ごあいさつ

高山病院は、腎臓専門の内科医と泌尿器科専門医による腎・尿路疾患の専門病院として1988年に開業しました。当初より、24時間365日泌尿器科医が常駐し、地域の皆さまの緊急事態に対応してきました。昨今、「夜の排尿回数が増えてよく眠れない」「尿が出にくい」「尿が漏れやすい」などの病気で、生活に深刻な影響が出る方が、年々増加しています。また、加齢や糖尿病などの合併症により腎不全となり血液透析を必要とされる方も増えています。当院は、加速する高齢化社会を前向きに捉え、病気の予防や治療、患者さんひとりひとりの心を理解し、専門性を活かした医療の提供に努めています。
これからも、”身近で相談しやすい専門病院”として変わることなく、「泌尿器科」「腎臓内科」「循環器内科」「糖尿病内科」の専門医、高山病院をはじめ法人スタッフが一丸となり、患者さんの健康を共に支え、地域の皆さまに貢献するように努めてまいります。
理事長 髙山 一生 たかやま かずお
理事長 髙山 一生 たかやま かずお
経歴
1971年2月 九州大学理学部物理学科卒業
1974年4月 九州大学医学部再入学
1979年3月 九州大学医学部卒業
1979年4月 九州大学病院
1988年9月 高山病院開業

当クリニックは「高山病院グループ」のサテライトクリニックです

高山泌尿器科クリニック(小郡)は、「高山病院グループ」の分院として開院した泌尿器科専門のクリニックです。
グループ病院としての機能を活かし、患者の皆様の情報を共有することにより、詳しい検査や入院治療などが必要となった場合は、クリニックで入院予約等も行うことができ、待ち時間や費用の無駄を省き、グループ内で患者の皆様一人一人に合わせたきめ細やかな医療の提供が可能となります。
今後、身近で相談しやすい泌尿器科クリニックとして、地域の医療機関との緊密な連携のもと、専門性を活かした医療の提供ができるよう、スタッフ一同努めてまいります。
高山泌尿器科クリニック

高山病院グループの特徴

6名の常勤医が在籍
泌尿器科は、前立腺・腎臓・膀胱などの臓器、幅広い疾患を対象とする、極めて高い専門性が求められる外科的医療です。当院には、その専門性を活かした経験豊富な泌尿器科医が在籍しています。
入院からリハビリまで充実の総合診療
高山病院では、充実の入院設備を完備し、医師をはじめ看護師や理学療法士・作業療法士などのチーム医療で、手術後の患者の皆様の運動機能の改善や、日常生活活動の向上を目的とする質の高いリハビリを提供しています。
手術実績年間約655件(※2017年実績)
経験豊富な常勤泌尿器科医6名が情報共有を行い、患者の皆様にとって最善の治療を行っています。高齢者の方の身体に負担をかけない内視鏡手術から、高度な技術を有する開腹手術まで幅広く行っています。
24時間365日 泌尿器科医が常駐
高山病院では、24時間365日泌尿器科の急患受け入れを行っています。
クリニックの診療時間外にお問い合わせ等がある場合は、高山病院(TEL:092-921-4511)までご連絡ください。
女性泌尿器科医在籍
泌尿器科医師の中でも、女性医師は全国で約5%と言われています。高山病院には、20年以上のキャリアを持ち、尿失禁や骨盤臓器脱を中心とした泌尿器科疾患の手術を年間約100件(※2017年現在)行う女性医師が在籍しています。